「せんせー。勉強が楽しい!と思えるには、どうしたらいいですか?
たまに、教室に通っている生徒さんに聞かれることがあります。
 
そのたびに、「それはね、楽しもうと思って取り組むことだよ。何もしなくても最初から楽しいもの、にしか楽しいと感じられないのは、もったいないんだよ」
と、禅問答みたいな答えを返しているのですが、、(笑)
 
今回は少しじっくりとお答えさせていただきます。
 

 
 

知らないことを知ることは、ホントは楽しい

 
 
ほんとは、「知らないことを知る」ことは、楽しいんです。
 
自分が今まで知らなかったことを知って、自分の中にある知識とか経験とかに結びつけて、新しい「解釈」「ものの見方」を築いていけるのって、楽しいんです。
 
「うわ、これってこう言う意味だったんだ!」「これがこういうふうになるのは、こんな原理があるからなんだ!」
 
学ぶことって常に、発見・感動とセットなんですよね。
発見して、それに感動する。スゲーーー!って思う。そういうのって、ワクワクするし楽しいじゃないですか。
 
ゲームでも、なかなかクリアできなかったのに、友だちから自分が知らない方法を聞いたら、うわ!そんな技があったんだ!スゲーーーっ!ってなりますよね?w
 
 
勉強って聞くとテンションがダダ下がりになるかもしれませんが、「知らないことを知るのは楽しい」←ここは、なんとなく分かるんじゃないかなぁ。。と思います。
 
 

勉強ってなんで楽しくないんだろう?

 
 
 
じゃあ、なんで勉強って楽しくないんだろう? 
 
私も小・中学校までは、一度も楽しいと思ったことはありませんでした。むしろ、吐くほど嫌でした。苦痛でしかなかった。勉強=テストの点数、くらいにしか思えなかった。
 
学校でしている勉強の中で、それをもっと知りたい!と思えることがなかったのです。
一言で言うと、「興味がもてなかった」。
 
 
一方、大人になった今、私には知りたいことがたくさんあります。それらを学ぶのは、超たのしいんです。
 
学生の頃は、理科の授業で遺伝子の話とか聞いても、全然知りたいと思えなかったのに、
今は、遺伝子に関する本がたくさん本棚にあります。読むと、超たのしいです。
 
結局は、「興味があろうがなかろうがしなきゃいけないもの」「させられるもの」という意識だったんだと思うのです。
 
勉強が楽しいと思えないのは、ここが原因なんだろうな、と思います。
 
 

小さい子どもは「学ぶ」楽しさで溢れている

 

ところで、、小さな子どもって「知りたい!」で溢れていますよね?w 
 
「なんで夕日は色が変わるの?」「なんでアリは迷子にならないの?」「なんで眉毛だけ毛が生えるの?」(笑)
 
少し一緒にいるだけで、うるさーーい!っていうくらい、質問攻めにされますよねw
 
あの好奇心って、宝物だと思うんです。大人がすぐに答えてあげられないような「素朴な疑問」。
 
ホントはあれこそが「学ぶ楽しさ」の種なんだろうな!と思います。
 
 
でも、小学校に上がり、中学生になり、、だんだん「擦れて」いくんです。「素朴な疑問アンテナ」の感度が鈍ってくる
 
素朴な疑問なんかいいから、とにかく覚えなきゃいけない
授業の中で、それって何だろう?と興味を持つのって、何だか恥ずかしい
そして、そんな暇がない
興味よりも、点数取らなきゃいけない。
 
いろんな要素があると思いますが、、、
 
小さい頃には知っていた「学ぶ楽しさ」をいつの間にかOFFにしちゃうんだと思うんです。周りの大人がOFFにさせることもあるし、自分自身の手でOFFにすることもあるんです。
 
でも、ね。
OFFになっているだけで、ちゃんと私たちの中には、残っているんです。
 
「いろんなことを知りたい」「学ぶことは楽しい!」という感覚は、ずっとあり続けるのですよ、本当は。
 
 

勉強が楽しいと思えるには、どうしたらいい?

 
 
勉強を楽しいと思わせてあげられない。それは(教育制度や社会の価値観なども含めて)大人の責任なんだけど、
 
でも、それらが変わるのを待っていたら、大人になっちゃいますよね?(笑)
 
周りの環境がどうであっても、自分が変わることはできるので、ぜひ、これらのことをやってみてください。
 

素朴な疑問を大切にする

 
授業や普段の生活の中で「あれ?これってなんでかな?」と興味を持ったこと、疑問に思ったことを大切にしてください
 
疑問なんて思わないって!という人は、感じるスイッチがOFFになっているんだと思います。
 
「ゲームの通信って、どうなってんだろう?」「歴史ってそもそも、誰も見たことないのに、なんで分かるんだろ?」
「TVもネットもなかった大昔、どうやってコトバって広がっていったんだろ?」
 
スイッチをONにしただけで、いろんなことに興味や疑問が湧いてくるはずです。
コツは、「よし、スイッチONにしたから、いろいろ疑問に思うはずだぞー」って思っちゃうことです(笑)
 

自力で進める

 
そして、そうやって湧き出た興味や疑問は、最初は自分でいろいろ答えを探してみてください今はググればいろんな情報を得ることができます。
 
「言葉 どうやって 生まれた」とググっただけで、たくさんの情報を見ることができます。
 
もちろん、すべての情報が正しいとは限りませんが、それに触れることで好奇心はどんどん刺激されて、さらなる疑問、好奇心が沸き起こります。
 
きっと「楽しさ」を味わえると思いますよ!
 
 

楽しくすることも、つまらなくすることもできる

 
学校の先生も、親も、塾の先生も、変わってくれることはありません。たぶん。すぐには。
 
でも、自分がちょっとだけ変えてみることは、いつでもできます。
 
楽しくすることもできるし、つまらなくすることもできるんです。
 
「勉強が楽しい!と思えるには、どうしたらいいですか?」そのきもちがあるなら、楽しくできます。
ぜひ、ここで書いたことを参考にしてみてください。
 
、、、と、結局また、禅問答みたいなまとめになっちゃいましたね(笑)
 
まあ、何にせよ、「学ぶのって、超たのしーー!」と興奮し続けていたいなぁ、と私は思います。
それを聞いた子どもが、「マジか??でもちょっと、ホントに楽しそうかも、、」って思わず思ってくれるくらい(笑)
 
 
 
↓LINE@にて「大人授業」を配信中。ただいま『小学1年生から取り組める「読解力」をつけるオススメの方法』の講義動画をプレゼントしています♬

友だち追加

↓クリックで応援お願いします


中学生ランキング