雪国のためか毎年冬になると、
小学校では、「スキー教室」というのがあります。

 

(都会でもあるのかしら??)

 

ほとんどの生徒たちは、
めちゃくちゃ楽しみにしているのですが、

 

「スキー教室、いつ?」と聞くと、
必ず、

 

「んーー、いつだっけ?」

「19日じゃね?」

「いや、24日とかじゃ?」

 

と、”あやふやな”答えが返ってきます(笑)

 

これ、、、。
この質問が、

 

「冬休み(夏休み)って、何日から?」

というのでも、同じ答えです(笑)

 

 

大人だったら、
ソッコーで答えられますよね!!

自分たちの
(唯一の)楽しみだもの!!(笑)

 

 

先日も、この、
ゆるーーいやり取りをして、

 

子どもって、ほんとに
「日にち感覚」テキトーだなぁ、、

とか、

なんでこんなに楽しみにしてるイベントの日にちが、
全員あいまいなのよw

きっと、自分で計画してないからだわ。。

とか、

 

ちょっと「大人目線」で思っていたのですが(笑)

 

 

ふと、

 

もしかしたら、彼らは、
「今」にしか興味がないのかも。

と思いました。

 

未来にすごく楽しいことがあっても、
どんなにそれが待ち遠しくても、

「未来」は「未来」。

 

いつか「未来」は勝手に
「今日」になってくれるんだから、

 

一番大切なのは、
「今」に飛び込むこと。

 

とにかく「今日」の中に、ザッブーーンと飛び込んで、

 

いいことも、
ヤなことも、

ぜーんぶ丸ごと、
味わっているのかも。

 

 

そんなことを思いました^^

 

 

 

これが大人だったら、、、

例えば、
「今」楽しいことをしていても、

 

「あーー、帰ったら明日までにあれを仕上げなきゃ」
とか

「あさっては、ノルマの締切日だ」
とか

余計なことを考えちゃうw

 

24日はスキーだから、

それまでにあれを片付けて、、

あー、でも
スキーが終わったら、
あの仕事が待ってるしなー。。

とか(笑)

 

 

 

この子たち、
「今」だけで100%なんだな、きっと。

そう思ったら、
なんだか、羨ましく思えました(笑)

 

 

子どもの持つ、
「身軽さ」って
きっとここから来るのかもしれませんね。

 

そんなこと言っても、
大人はそーゆーわけにはいかない、、うんぬんかんぬん。。

 

ほら!

ここがもう、
「身軽」じゃないもの(笑)

 

****************

 

「んで、結局、スキー教室、何日なの?」

 

しつこく聞くと、
彼らは、

 

「んーー、やっぱ分からん!」

 

 

と、
軽やかに「目の前のこと」に
飛び込んでいくのでした(笑)

 

 

たまには、
彼らを見習って、

「今」だけにダイブしてみるのもいいかも。