「小学校で英語が必須になるでしょ?
だから、
英語も自宅学習させなきゃ、って思うんですが、
どんなことをさせればいいですか?」
 
 
先日、低学年のお子さまのお母さまから、
こんな質問をいただきました。
 
 
2020年、
小学校高学年で英語が必須科目になると
決まってから
(3・4年生は英語活動の導入)
 
 
「子ども英語」に関する質問を
たくさんいただくのです。
 
 
今回は、「子ども英語」の自宅学習について
書かせていただきます。
 

 
 

「子ども英語」オススメの自宅学習

 
オススメは何か?と言われたら、
「子ども英語」に関しては断然”音の訓練”です。
 
 

日本語、どうやって覚えましたか?

 
そもそも日本語って、
どうやってしゃべれるようになったのでしょう?
 
「ひらがな」「漢字」を
覚えましたか?
 
「フラッシュカード」を見ながら、
”これは犬””これはリンゴ”って
覚えましたか?
 
 
違いますよね?
 
 
生まれてから何年も、
大量の「日本語の音」を浴びることで、
 
「音」が聞こえるようになり
その「音」を模倣して声に出し、
その「音」と一致する「意味」を習得していきました。
 
 
語学って、何語であっても
ほんとはこの順番で習得するのが
一番ムリがないのです。
 
 

9歳までにしかできないこと

 
 
0歳から上昇し、
9、10歳くらいを境に
衰えていく能力があります。
 
 
それは「模倣」の能力です。
 
小さいお子さまは、
模倣の天才なんです。
 
 
だから、
赤ちゃんが大量の日本語の音を聞いて、
その量がある一定までくると、
 
「コトバの模倣」として
溢れてくるのです。
 
 
ちなみに、
10歳を超えると、
「思考」に対する能力が上昇してきます。
 
 
だから、
「音」に関するもっともホットな時期に、
 
文法を押してこんだり、
文字を書かせたり、
というのは
 
超もったいないのです。
 
 
 

音のシャワーを浴びまくろう

 
3年生くらいまでのお子さまであれば、
とにかく英語のシャワーを
浴びまくるのがオススメです。
 
楽しそうな英語の歌。
短いストーリーの英語のアニメ。
 
それらを、
車の中で聞き流す感じにするのがいいです。
 
 
できたら「音」だけではなく
「映像」もあったほうが
楽しくできると思いますね^^
 
 
この時、
意味や文法なんてどうでもいいですよ!
 
心配しなくても
後からいくらでも身につけられますから!
 
 

スピードを落とさない

 
ここで大切なのは、
「子ども用」ということで、
ゆっくり聞きやすいスピードに落として
”発音を仕込もう”としないこと!
 
ネイティブのスピード
浴びせましょう。
 
 
たくさん聴いているうちに、
勝手に英語が溢れてくると思います。
(ビーカーから水があふれるように)
 
3歳〜6歳くらいのお子さまであれば、
ネイティブに近い発音で
聞こえたままを口にするようになります。
 
 
たとえ、
発音が正しくなくても、
直さなくてOKです。
 
聞こえたまま、
口から溢れ出てくるので、
もう、それだけでOKです!
 
 
そして、これは単なる音の訓練なので
ムリに「英会話」をさせようと
しなくてもいいです。
 
 
 

「単語を覚える」より「楽しさを覚える」ほうが大切

 
「子ども英語」に関しては、
 
”英語って楽しい”
”リズムがカッコいい!”
 
子どもが、そんなふうに感じることが
一番大切だと思います。
 
 

「2020年」にビビりすぎ!

 
とにかく、2020年に向けて、
 
何かしたほうがいいの?
英語、習わなきゃいけないよね?
家では、どんな勉強をしたらいいの?
 
現場で、そんな声をたくさん聞きます。
 
 
まあ、
ほぼすべての英語教室が
「小学校で英語が必須になる」っていうのを使って、
募集してますから、ね(笑)
 
煽られちゃいますよねw
 
 
”英語は大変だから、
苦労させたくない”
 
 
そのきもちも分かるんです。
 
でも、、、
 
 

「英語って楽しい!」と思えることのほうが大事

 
 
いくつかの単語を先に覚えたり、
アルファベットが書けたり、
少しくらい英会話を覚えたりすることより、
 
 
子どもにとって、大切なことは、
 
「英語って楽しい!」
「英語って、カッコいい!」
 
って思えることだと思うんです。
 
 
だから、
英語の自宅学習に関しては、
 
何かを必死で覚えさせたり、
教え込んだり、
 
ということは
しなくてもいいんじゃない?
 
どうせ習うんだし。
 
 
と思います。
 
 
英単語を覚えることより
英語の楽しさを覚えることのほうが
 
よっぽど価値があると思います。
 
 
 

「先取り病」「遅れたらダメ病」になっていませんか?

 
もちろん、
子どもさんに興味があって、
 
「もっとやりたい!」
「楽しい!」
「おうちでもやりたい!」
 
と言っているなら、
 
どんどん学ばせてあげるべきです。
 
特に英語なんて、
年齢が低いほうが習得がラクなのですから。
 
 
でも最近、現場で思うのは
 
”学校で始まるから、先にやっておかないと”
”きっと大変なことになるから、今のうちに”
”みんなに遅れをとりたくないから”
 
 
そういう
急かされている感じを受けるなぁ、、と
いうことです。
 
 
17年間、営業活動にも携わってきましたが、
ここ2、3年が一番それを感じます。
 
 
空気を読んで、
周りよりも遅れないように、、
周りとせめて同じくらいには、、
 
という基準。
 
 
ちょっとこの辺で、
大人がもう一度、
 
自分自身の「選択基準」というものを
考えてみるのも大切なんじゃないかなぁ。。
 
 
なんて思う今日この頃です。
 
 
 
あれっ、、自宅学習の話じゃなくなりましたね(笑)